HOME>歴史・文化>芸能>シマ唄

シマ唄  (しまうた)

内容・解説

Commentary

  奄美民謡はその昔、薩摩藩の圧政という過酷な歴史の中から生まれました。圧政に苦しんだ喜界島の先人は唄うことで苦しみを紛らわせて、過酷な時代を耐えていきました。
  ムチャ加那、ウラトミ母子の悲劇を唄った「ムチャ加那節」や、若い男性の悲哀を唄った「塩道長浜節」など、喜界島を舞台にした唄も多く、今なお才能豊かな唄者を多数輩出しています。

関連リンク

Commentary

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

カ・ナウ不動産

バナー広告掲載について