HOME>歴史・文化>源平時代>平家上陸の地

平家上陸の地  (へいけじょうりくのち)

内容・解説

Commentary

 1185年4月25日、壇ノ浦の戦いで敗れた平資盛、平有盛、平行盛らは奄美大島や加計呂麻島に渡る前に、最初に喜界島は志戸桶集落の沖名泊に上陸したといわれています。平家が上陸してから800年後、この地に「平家上陸之地」の碑が建てられました。

基本情報

Infomation

住所 鹿児島県大島郡喜界町志戸桶
設備 なし
交通手段 喜界空港から車25分
駐車場 あり

周辺地図

Map

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

カ・ナウ不動産

バナー広告掲載について