HOME>歴史・文化>源平関連>平家森

平家森  (へいけもり)

平家森跡

内容・解説

Commentary

 1202年、平盗盛を主将とする平家の残党200余名が志戸桶の「沖名泊」に流れ着きました。上陸後は源氏の追っ手に備えて陣地を作り、現在の早町港の監視と海上の見張りをした場所が「平家森」と言われております。

基本情報

Infomation

住所 鹿児島県大島郡喜界町大字早町
設備 なし
交通手段 喜界空港から車20分
駐車場 あり

周辺地図

Map

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

カ・ナウ不動産

バナー広告掲載について