HOME>歴史・文化>遺跡>荒木地区の遺跡群

荒木地区の遺跡群  (荒木地区のせきぐん)

上才(うぃぜぇ)遺跡の竪穴状遺構

内容・解説

Commentary

  喜界島の南部に位置する荒木集落周辺にはカ子テ(かねんて)・荒木貝塚・クマテ・桑マシ・上才(うぃぜぇ)・ケブラノコシ・ケブラノ前遺跡が立地しています。 遺跡面積は全体で約250,000平方メートル。平成26年度から本格的に始まった発掘調査では大規模な縄文時代後・晩期の遺跡であることがわかり始めています。

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

島の太陽と潮風喜界島オンラインショップ

バナー広告掲載について