HOME>歴史・文化>琉球王朝関連>勝連屋敷(白水)

勝連屋敷跡  (かつれんやしきあと)

写真:力石(石垣の上の二つの石)

内容・解説

 15世紀の中葉、琉球領内において勢力があった勝連の勢力が喜界島に進出していて この屋敷に勝連親方が住んでいたと伝わっています。勝連親方の「親方」とは琉球王国 の位階のことだそうです。屋敷内に力石と称する二個の石がありますが琉球三山時代に 勝連の殿様が城を築いた際、喜界島民に夫役が課され全島の若者を集めてこの石を持ち上げさせて 体力を試し夫役の人夫として使えるか判断したという由来があるそうです。

※『喜界町誌』より

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

カ・ナウ不動産

バナー広告掲載について