HOME>歴史・文化>大平洋戦争関連>爆弾釣鐘

爆弾釣鐘  (ばくだんつりがね)

内容・解説

Commentary

  大平洋戦争後、喜界島・奄美群島は8年間、米軍の統治下にありました。
米軍統治下時は自給自足の生活となり、特に金属製品は物資が不足したため、戦時中に使用されていた戦闘機は鍋や釜などの生活用品になり、爆弾の中の火薬はダイナマイト漁で使用するダイナマイトに、胴体は釣鐘などに使用されました。

基本情報

Infomation

住所 鹿児島県大島郡喜界町大字佐手久
設備 なし
交通手段 喜界空港から車20分、自転車90分
駐車場 なし

周辺地図

Map

歴史・文化

喜界島酒造

喜界島特産品販売のけらじ屋

深水レンタカー

カ・ナウ不動産

バナー広告掲載について