HOME>What's New

喜界島で皆既日食を観測!

更新 2009/07/23 

写真:喜界島ネットワーク(東)



7月22日、喜界島で皆既日食が観測された。



日本国内では46年ぶりとなる皆既日食を一目見ようと、喜界島に全国各地から沢山の見物客が集まった。

当日の天候は曇り。ただ雲は薄く太陽は日食用のメガネ越しにもはっきりと確認できる。
午前9時30分頃から徐々に太陽が欠け始める日食が始まり、10時50分を過ぎる頃には当たりは随分と暗くなった。
そして10時55分を過ぎた頃、月の影から太陽の光が一部分だけ漏れて輝くダイヤモンドリングが現れ皆既日食に突入した。当たりはぐっと暗くなり幻想的な雰囲気に包まれる。息を呑んで黒い太陽を見守る中、強い光がピカッと輝き再びダイヤモンドリングが現れ、その後は元の明るさに戻っていった。



他の皆既日食帯(トカラ列島、屋久島、奄美大島)では暴風雨や厚い雲の影響で皆既の瞬間を確認できなかったという報道がされる中、喜界島では、はっきりと皆既の瞬間、ダイヤモンドリングを確認する事ができた。
訪れた観光客からは「感動した!」「すごく綺麗だった!」「喜界島でラッキーだった!」などの声が聞かれ、地元喜界島の島民たちは、「自分達の住む喜界島でこのような感動的なシーンに立ち会え本当に幸せ」と興奮気味に語っていた。



←前へ 記事一覧へ 次へ→

喜界島酒造

喜界レンタカーサービス

喜界島黒糖ドット混む

喜界島特産品販売のけらじ屋

バナー広告募集