戦闘指揮所跡(せんとうしきしょあと)

太平洋戦争後期、現在の空港周辺は沖縄の敵艦隊へと向かう特攻機が整備・給油を行うための中継飛行場となっていました。
この「戦闘指揮所跡」は軍事的な判断、指揮命令が行われていた場所で、特攻隊員も出撃前はこの場所で作戦指示を受けていたと言われています。 いつ建設されたかという事は当時、高度機密であったため不明ですが、現存する戦闘指揮所の建物としては国内ではここに残っているだけなのだそうです。

基本情報


住所鹿児島県大島郡喜界町湾中里200

アクセス


関連記事

  1. 御殿の鼻

  2. 僧俊寛の墓

  3. ノロとユタ

  4. 平家森

  5. 震洋格納壕跡(しんようかくのうごうあと)

  6. 掩体壕(えんたいごう)