震洋格納壕跡(しんようかくのうごうあと)

大平洋戦争末期、喜界島上陸を目的とした米軍艦船に対して250キロ爆弾を搭載し、体当たり攻撃を計画した海軍の木製小型モーターボート、特攻艇「震洋」(通称:マルヨン艇)の格納壕跡です。
この一帯に数か所あった奥行50メートル程の格納壕には、50艇が格納されていたと思われます。
完成直後の昭和20年2月11日には、187人の震洋隊が配置されましたが、米軍上陸部隊が接近することはなく終戦を迎えたため、出撃することはありませんでした。

基本情報


住所鹿児島県大島郡喜界町早町417

アクセス


関連記事

  1. ノロとユタ

  2. 御殿の鼻

  3. 掩体壕(えんたいごう)

  4. 特攻花(とっこうばな)

  5. 雁股の泉

  6. 村田新八修養の碑・屋敷跡(むらたしんぱちしゅうようのひ・やしきあと)