特攻花(とっこうばな)

大平洋戦争末期、喜界島から飛び立つ若き特攻隊員に島の娘たちが情をこめて贈ったテンニンギクの花束の種子が落ち喜界空港周辺で見られるようになったことから、この花を「特攻花」と呼ぶようになったといわれています。

関連記事

  1. 雁股の泉

  2. 爆弾釣鐘(ばくだんつりがね)

  3. 掩体壕(えんたいごう)

  4. 僧俊寛の墓

  5. ノロとユタ

  6. 石敢当(いしがんどう)